2016年05月09日

週25時間以上の労働は脳に悪影響!

オーストラリアでの調査で、週に25時間以上労働すると脳の認知機能に悪影響を及ぼすことが明らかになったそうです。

週25時間以上の労働は「脳に悪影響を及ぼしてしまう」と判明!

タイトルだけ見た時は「無職の私は脳に負担がかからなくて健康的ってことか?」と思ったらどうやら違うみたいです。




記事を読んでみると週25時間までは働けば働くほど脳の認知機能が高まるらしいです。

週25時間以上は働けば働くほど脳の認知機能は低下し、週に60時間以上働くと働いていない人よりも脳の機能が低下するのだとか。




なんと、働いていない人は週に60時間以上働く人よりはマシなものの、それ以下の人よりは脳の機能が低下するってことみたい。

これは無職の私には笑い事ではないですよ。

このままじゃどんどん脳の機能が低下しちゃう。




週に25時間労働が一番良いってことはフルタイム(1日8時間)で働いたとすると週に3日くらい仕事するのが良いってことですね。

でもここでいう労働って具体的に何を指すんだろう?

私は無職と言えば無職ですけど、アフィリエイトでお金を稼ぐための作業を毎日数時間はやるし、家事も全部自分でやります。

これらは労働に含まれないんでしょうか?

アフィリエイトのための作業はなんとなく労働に含まれそうな感じがするので、これからは作業時間が週に25時間くらいになるように意識してみようかな。

ブログランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

相互リンクさせていただいているサイト様です。
こちらにも足を運んでいただけると幸いです。

子育て真っ只中でも週休5日のセミリタイア生活

一人暮らし貧乏OLえりの日記

ラベル:無職 労働時間
posted by ゆい at 23:32| Comment(0) | 無職生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。